友人関係って何?人間関係がわからなくなった

親兄弟や友人、先生との人間関係
私の場合もそうでしたが学校に行きたくないと思った一番の原因は友達との人間関係でした。
何気ない友人の一言やしぐさで傷ついたこともありますし、私も知らない内に相手を傷つけていたのかもしれません。
高校に入学してクラスの目立つ生徒からつけられたアダ名やチビやデブなど身体の特徴を言われ続けたことがきっかけで人間関係が怖くなったこともありました。
大事な親友だと思っていたのに、ずっと友達だと言っていたのに裏切られたこともありましたね。
段々と学校に行きたくなくなってきて先生や親にも小言を言われるようになると、どんどん自分の殻に閉じこもるようになっていきました。
今思うとあのままだったらマズかったと素直に思えます。
何とか不登校にはならずにすんだので良かったのかもしれませんが、私と同じような思いをして高校に行きたくなくなり、やめてしまった子もきっといるんだろうな。
今となっては辞めなくてよかった。
あの辛かった時に外に逃げる道があるんだということがわかっただけでも気持ちを強く持つことができたような気がします。
やはり人間関係がうまくいかなくなると学校での居場所がなくなっていくから辛いんですよね。
あの時なんで友達だと思っていたのに悪口を影で言っていたのかな。
先生にきちんと相談したら真剣に考えてくれたのかな。味方になってくれたのかな。
私が深く考えすぎだったのかもしれない。
今となっては少し客観的に見ることができるようになってきたから、ちょっとだけ余裕があるけども高校時代は本当に学校の世界が全てという感じになってしまって辛かった。
私が実際に体験したことなどを書いていきますが、特定されたくないので脚色して書こうと思います。
今でも思うのは高校をやめなくてよかった。
私はなんとか踏ん張ることができたけど、無理しなくても他に選択肢があるってことを同じく苦しんでいる高校生に知って欲しいです。

カテゴリ一覧

no image

不登校になりそうだった時期もある

文化祭準備でのひとりぼっち 私が高校生だった頃、多分秋くらいだったと思うんだけど、不登校になりそうな時期があった。 何をするにも無気力で、2学期が始まると体育祭とか文化祭があってクラスみんなが活気づく ...

no image

クラスの友達グループになじめない

高校のクラスで友達グループになじめない 中学までは私なりに頑張って楽しくやっていたつもりだったんだけど、高校に入学してなんとなくクラスの雰囲気に馴染めていない気がしていたんです。 入学式から数日すると ...

Copyright© なぽりん , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.